ミスの無い、効率の高い仕組みを構築。貴社の最適な物流システムをご提案します  JPEN

ミスの無い、効率の高い仕組みを構築。
貴社の最適な物流システムをご提案します

GAS ゲートアソートシステム

GAS ゲートアソートシステム
「人間は間違える」
ということを前提に考えて、いかにしてミスをさせないシステムするかを追求したのがゲートアソートシステムの仕組みです。
「GASシステム」はそれぞれの棚(間口)にゲートを設け、コンピューター制御による開いたゲートにしか投入できないシステム。
ミスの発生させない画期的な仕組みです。
ゲートアソートシステムの特徴
熟練度不要

GASは各棚にゲート(ふた)を設け、開いたところに商品を投入していく仕組み。
バーコードをスキャンすると、該当する棚のゲートが開き、投入すべき個数が音声により案内されます。投入が終わり足踏みスイッチを押すとゲートが閉まるようになっているので操作が容易です。

高い生産性

一人のスタッフが受け持つ1ユニットを6列×3段×左右の36間口とした場合1時間あたり1ユニット1000〜1200ピース程度の仕分けが可能とし、カートピッキングの場合だと、1時間450〜500ピース程度。
GASは歩行距離を少なくする分、約2倍の生産性があります。

高スペース効率

GASは少ない面積で、高い生産性を発揮し、なおかつ稼働までの時間を短く抑えることができ、無駄がありません。

定期保守不要

GASは定期保守の必要がありません。
簡単で便利です。

簡単に移動可能

人間は間違えるを前提にミスをさせない仕組みをとことん追求しています。

高い精度

GASは大きなコストをかけることなく、移動、設置、拡張が可能です。

GAS(Gate Assort System)は『人間は間違える』を前提に考え、如何にミスさせないシステムにするかを追求した仕組みである。

ソータは導入費用、スペース、固定設備ということで投資対効果が短期間では得られない。
重量検品付台車では生産性、保守性がよくない。棚にデジタル表示器等で指示しても上下左右の棚への入れ間違いが発生する。
これは、どの棚も物理的に入れる事が可能な為であり、『OKの論理』である。

GASは各棚(間口)にゲートを設ける事により、物理的に空いたゲートにしか投入出来なく、『NOの論理』により、人間のポカミスを排除する画期的なシステムである。

物流センターの設備はコスト×生産性×誤差率×フレキシビリティで決まるとした上で、
GASであれば、少ない面積で、高い生産性を発揮し、なおかつ稼働までの時間を短く押されることができ、無駄がありません。

操作画面もわかりやすいガイダンス表示

①商品をスキャン

②商品スキャンを分母の数量まで繰り返すとゲートオープン

③商品投入後、フットスイッチを押す!

GAS運用 概略フローの一例 【マルチオーダー】
GAS運用 概略フローの一例
【マルチオーダー】
仕分け手順( 納品書・送り状の投入⇒商品の投入⇒梱包
バッチ番号を選択する
作業者コードをスキャン(入力)する
納品書スキャンゲートが開いたところに投入
フットスイッチで投入完了(ゲート閇)
商品バーコードをスキャンしゲートが開いたところに投入
フットスイッチで投入完了(ゲート閇)
仕分け完了
梱包作業・次バッチ作業
仕分け手順
( 納品書・送り状の投入⇒商品の投入⇒梱包
バッチ番号を選択する
作業者コードをスキャン(入力)する
納品書スキャンゲートが開いたところに投入
フットスイッチで投入完了
(ゲート閇)
商品バーコードをスキャンし
ゲートが開いたところに投入
フットスイッチで投入完了
(ゲート閇)
仕分け完了
梱包作業・次バッチ作業

■仕分け兼検品

一点一点商品バーコードをスキャンしゲートが開いたところに投入するため梱包時検品レス。
同時に間違いなく仕分けできるため、高効率作業を実現します。
通販や店舗物流まで幅広い企業様にGASを導入いただいております。